「フロントヴァーシズム」

ジュゼッペ•シニスカルキ

「フロントヴァーシズム」 私の考えを簡単にまとめよう。 「フロントヴァーシズム」という言葉は、私が新しく作ったオリジナルなものである。世界を少しでも良い方向へ、平和な世の中へ導くことができたら、という思いから、哲学的に文化的に芸術的に新しい考え方として捉え、かつてない新しい絵画の手法として、「フロントヴァーシズム」を提唱した。

Read more

フィリップ・ダヴェリオ

「フロントヴァーシズム」   「絵画専門の学校に通ったこともないし、絵の先生もいません。学校時代に教室で習っただけです。ただ、吾妻兼二郎氏やジョルジョ・ベルリーニ氏のようなすばらしい彫刻家、さらに画家のフェルナンド・リール・アウディラックといった著名な芸術家たちと個人的に知り合うという幸運には恵まれてはいました」と、シニスカルキは自分がどうやって芸術家となったかについて語っている。...

Read more

オネリオ・オノフリオ・フランチオーゾ

その日は突然やってきた。 僕は運命的に、ジュゼッペ・シニスカルキの絵と出会い、すぐさま観想状態に陥った。その日、長年自分を煩わせてきた疑問の答えを、僕は見つけたと思う。直感的に見て楽しむものとして芸術作品に触れるようになってからずっと、僕はその疑問を抱いてきた。芸術とは何か?芸術家とは何者なのか?その答えを得るために僕は多くの大学教授や高名な専門家の話を聴いた。 ルイ14世が自らの息子である王子に書いた『memorie』によると、専門家やエリートの話は信じ込まない方が良いということらしい。

Read more

ガブリエレ•グリエルミーノ

無言に広がり続ける 絵画の英知 ジュゼッペ•シニスカルキ氏の絵画全集を論評することは、慎重に思慮深く取り組みさえすれば、さほど難しい事のように思えなかった。しかし、彼の絵と向き合って行くうちに、段々と簡単な作業ではないことが分かった。私は論評を書く方法でさえ、慣れ親しんだ通常のそれとは変える必要があった。

Read more

ルチアノ•マッヅォッキ神父

和 wa-pace 言葉によっては辞書で意味を調べずとも、その言葉がもつ「音」自体によって意味を感じさせるものがある。それらは語源の純正さを保ち、我々に親しみ愛され尊まれてきた。...

Read more

マルコ・マリナッチ

「調和」のしるし ジュゼッペ・シニスカルキとの幸運な出会いは、ある共通の友人を介してのものだった。 今でも科学博物館でミラノ工科大学監修の展覧会を見に行ったそのときのことを覚えているが、我々はそれからのいろいろなつながりについて考えることもなく、ただ、彼の携帯に入っていた作品の写真をいくつか見た。

Read more

小林伸二

ジュゼッペさんの絵の世界 もともと弁護士でもあるイタリア出身の画家ジュゼッペさんが今、日本美術と西欧美術の融合を目指して本格的制作活動に入っています。 そのジュゼッペさんの絵の世界についての感想を述べたいと思います。

Read more

シモーナ・トマセッリ

序文。見えない月の裏側。 そう、そこに、ジュゼッペ・シニスカルキの「わ」1は、きらきらと輝く。 シニスカルキの絵は、神秘的なメロディーのように心にすうっと入り込んで来る。それはまるで自然界の音が捧げる祈りを聞くようだ。

Read more